kogumaの出産育児ダイアリー

徳島市在住のライター。アラフォーで思いがけず妊娠しました。我が家の「かぞくのはじまり」を記録します。

卒乳への助走

f:id:koguma2015:20170112215911j:plain

新春の元旦からはじめた卒乳への歩み。それまでダブルベッドで一緒に眠っていましたが、添い寝役を夫にゆずり、ひとり別部屋のシングルベッドで寝ることになりました。


最初の数日間は少しでも泣き声が聞こえると目が覚めて、でも出て行くとおっぱいがもらえるかも、と期待をさせてもいけないので、ベッドの中でジーッと耳をすませて泣き止むのを待っていたものです。


ところが、1週間もしたら、私自身がぐっすり眠ってしまって一気に朝を迎えるようになりました。

その間、子供は相変わらず夜中に一、二度は起きているようで、夫はその度に抱っこで寝かしつけているようです。


今までは毎朝、コーヒーを飲みながら、夫が、昨日の夜はどうだった?と聞いてくれていましたが、今は、私の方が尋ねる番です。


夫は夜中に起きることが全く苦痛ではないみたいで、いつも淡々と、寝ぼけて起きたけどすぐ寝たし大丈夫…と語ります。


一方の私は、24時間子供の側でいる緊張感から解き放たれ、本当に楽になりました。朝まで一度も起きずに眠れるなんて、1年3ヶ月ぶりです。

眠る間際に読書する習慣も取り戻し、お正月に4冊読破したくらい。


夜間断乳をしたことで生理も再開しました。2年ぶりに体験する月のもの。なんだか新鮮です。

夕暮れ時に東の空を見上げると大きな満月が浮かんでいました。



写真は最近の離乳食です。

大人の食事から取り分けたメニュー。

ほうれん草の白和え、蒸しかぼちゃ、さわらの焼き物、軟飯。

パクパク食べるには程遠い感じですが、卒乳とともに食欲全開になってくれればいいのですが…。

2017年スイートな一年に

f:id:koguma2015:20170103154316j:plainf:id:koguma2015:20170103154025j:plain

まだまだ授乳中でお正月も素面で過ごしたけれど、アルコールがダメな分、甘いものが大好きに。


初スイーツは、エクレールさんの苺のプリンとシブースト。


部屋中を走り回る一歳3ヶ月の元気な息子を眺めながら、今年はどんな一年になるのかなーと楽しみです。


ながら食べ

f:id:koguma2015:20161210122927j:plain

1日3食も定着して授乳回数も少しずつ減ってきた今日この頃。


食べるといっても大きな口を開けてパクパク食べてくれたら苦労しないのですが、現実はスプーンを口元に持っていってもムシ、あるいはプイ。一歳になるころから、イヤイヤと首をやたら振っていましたが、それは最近おさまってきました。


で、絵本やカタログ、メジャーなどなにか他のものに集中させると、パクっと口を開くのです。

こんな食べさせ方は、よくないんだろうなと思いつつ、仕方なくやってしまってます。

最近のお気に入りはお歳暮カタログ。蟹や牛肉など赤い色の食品、高級食材?に心奪われるみたいです。



保育園行脚

四月から入園を目指して保育園の見学をしています。

自宅の周辺はわりと保育園が多いので全部で5箇所を見学しました。


保育園の印象は、施設の新しさによって大きく左右されますね。同じような保育内容でも施設が新しい保育園の方が良い雰囲気を感じます。


また比較的新しくてきれいな保育園ほど四月の空きはゼロ。申し込み時点で第一候補に書いてよいものかどうか迷います。


送り迎えしやすい、とか、ついつい親目線で選択してしまいがちですが、やはり昼間の時間を過ごす子供の目線に立って選ばないといけないですね。保育園によって確かに子供の雰囲気は少し違うようでした。


市役所では第6希望まで書いた方がいいと言われましたが、選ぶどころか入れれば万々歳なのかもしれないですね。


ショートスリーパー⁈

1歳を過ぎて、最近の睡眠状況ですが…夜中まとめて寝ません。

昨夜なんて、

午後8時就寝

午後11時 おっぱい

午前2時 おっぱい

午前4時 おっぱい

午前6時半 おっぱい

午前8時起床


朝からぼーっとしながらコーヒー飲んで、離乳食作って、朝ごはん食べて、ネムネムです。


午後からは義父の通院付き添いで2時間病院のソファで休みました。


いつまで続くのか、夜間授乳。

いや、いつまで続けるのか、わたし!


なにかの記事で、3歩歩いたら卒乳の目安と書いてましたが、今や20歩歩いてますから。


なんでも、やめどきは難しいですねー。


あんよ

f:id:koguma2015:20161021225714j:plain

10月14日金曜日の朝、突然、ヨチヨチとあるいた。

2歩進んでバタッと倒れたけれど、そのときを境に彼の世界がぐるんと回って動き始めたのがわかった。


初めての二足歩行。

出勤前の夫とともに家族3人でシェアできたことが、なんだかじんわり嬉しかった。


その後、毎日歩数が伸びて、本日、初歩きから1週間目で20歩歩きました。歩けることが嬉しくて仕方ない息子。転んでも転んでも、すぐに起き上がってトコトコ。


歩き出すと大変よ〜、とよく言われるけれど、大変なこと以上に、うれしくて楽しくなることがいっぱい。


さて、明日は何歩あるくかな?!


空の色

f:id:koguma2015:20161013101630j:plain


一年前、真っ青な秋空が広がる朝、産まれたての赤ちゃんと一緒にこれからの生活をワクワクしながら思い描いていた。


そして1歳の誕生日を迎えた朝。

これ以上ないくらいの快晴。

うれしかったな。


f:id:koguma2015:20161013102011j:plain

お誕生日会で一升餅は担いで立てれず、だったけれど、そんなこともすべてがいい思い出になる気がする。


元気に育ってくれてありがとう。